モテるテクニック

年上女性を落とすための武器「母性本能」の使い方や魅力のある言動とは?

母性本能 男 魅力 特徴

価値観の多様化は男女の在り方にも影響を及ぼし、男性に包容力や安心感を求めない女性が増えています。

そのような女性は、男性の「愛らしさ」や「弱さ」に母性本能をくすぐられ、魅力を感じていることも少なくありません。

そもそも母性本能とは何?

母性本能は正式な学術用語ではなく通俗的に使用されているもののため、その広義は曖昧ですが、一般的には「未熟な状態で生まれた赤ん坊を慈しみ、育てる母親に生まれる愛情」と捉えられることが多いでしょう。

しかし、母性本能は出産をしていない女性にも備わっていますし、実は男性であっても母性本能に目覚めることがあります。

母性本能を開花させる鍵は、脳内ホルモンのオキシトシン

オキシトシンはこれまで、主に出産時に分泌されて陣痛を促す働きがあるホルモンと考えられてきましたが、近年の研究では人と人とが親密に触れ合うことでも分泌されることがわかってきました。

女性は元々オキシトシンが分泌されやすいため、母性本能が沸きやすく、相手が成人した男性であっても「守ってあげたい」「支えてあげたい」と思うのはとても自然なことなのです。

女性が母性本能をくすぐられる男性の特徴

包容力があり、大人の余裕を兼ね備えている男性はわかりやすく女性にモテますが、一方でちょっと抜けていたり、仕事でミスをしてしまうような男性でも、周囲に女性が集まり、可愛がられている人もいます。

これは、本人には自覚がなくても女性の母性本能を上手にくすぐっていることが理由と考えられます。

それでは女性が思わず魅力を感じてしまう男性には、どのような特徴があるのでしょうか。

屈託のない笑顔

顔をくしゃっとして無邪気に笑う姿は、幼さを感じさせると同時に、自分には心を開いてくれていると感じる女性は多いです。

大人になると仕事や人間関係を円滑に進めるために、上手な作り笑顔ができる人もいますが、損得勘定のない真の笑顔に、心を動かされる女性は多いです。

女性の心を掴むには笑顔の使い方を勉強するよりも、嬉しいという気持ちを素直に顔に表す方が得策と言えます。

好奇心が旺盛

興味や関心を持つと迷いなくどんどんと突き進んでいくような、ちょっとやんちゃなタイプの男性は、女性からすると「危なっかしいから見守ってあげなきゃ」と、母性本能をくすぐるど真ん中のタイプです。

ご飯をおいしそうに食べる

口いっぱいに頬張って、「これおいしい!」と素直に表情や言葉に出す様子は、例えそれが自分の手料理じゃなくても、見ている女性からすると幸せに感じる瞬間です。

ただし、汚い食べ方はNGなので、食べ散らかしたり、くちゃくちゃと音を立てて食べるのは止めましょう。

スイーツ好き

子どもの時はアイスクリームもケーキも喜んで食べていたのが、なぜか大人になると「男がスイーツ好きとか恥ずかしい」と、隠してしまう人もいますよね。

しかし、甘い物に目がない男性をかわいいと思う女性は思っている以上に多いです。

スーツを着こなした男性が、パフェを目の前にして嬉しそうな笑顔を見せると、そのギャップでキュンとしてしまう女性もいます。

甘えたがり

メールや電話などの連絡が多く、「淋しい」「会いたい」など弱みを見せてくる男性に、母性本能をくすぐられる女性は多いです。

「私がいなければだめなんだ」と、頼りにされているのが嬉しく感じてしまいます。

ただし、甘えがどんどんとエスカレートし、わがままになり過ぎといくら母性本能の強い人でも嫌になってしまうため、甘えの使い方やタイミングはしっかりと見極める必要があります。

スキンシップが多い

母性本能が強い女性は自ら甘えるのが苦手な人も多く、男性から甘えられると「信頼されている」と感じて嬉しくなるものです。

手を繋ぐ、顔や髪に触れる、肩に頭を乗せて寝てしまうなど、スキンシップが増えることでさらに愛情が増し、大事にしたい気持ちが強くなります。

不器用

何でもそつなくこなす男性よりも、身の回りの整理整頓が苦手だったり、シャツのボタンが取れそうになっているなど、ちょっと抜けているダメ男なタイプの男性は、「私がお世話してあげなきゃ」と母性本能を刺激されやすいと言えます。

女子力が高い

母性本能がくすぐられると言うと、男性的であればあるほどよいと思われがちですが、そんなことはありません。

最近は料理男子、裁縫男子と呼ばれる女子力の高い男性が増えていますが、そのような男性に魅力を感じる女性も多く存在します。

また、見た目が小柄で愛らしい男性もこの場合は女子力が高いとみなされ、同様に母性本能をくすぐられる女性が多いです。

弱い部分を見せようとしない

甘えたがりとは正反対のタイプと言えますが、実は強がって辛いところを見せない男性にも、女性は母性本能を大いにくすぐられます。

仕事でミスをした時や、体調が悪い日などに気付かれないように振舞っている健気な様子に、母性本能の強い人はキュンとしてしまうのです。

感動して泣いてしまう

感動的な映画やドラマを見て思わず泣いてしまったり、嬉しさのあまり涙がポロっとこぼれてしまったなど、男性が涙を流している姿に母性本能が揺さぶられる女性は多いです。

人前で泣いてしまうことを恥ずかしいと思う男性は多いですが、時には気持ちに素直になってみるのもよいかも知れません。

ただし、しょっちゅう泣いてしまう男性は、いくら母性本能が強い人でも興ざめしてしまうかも知れないので注意しましょう。

演技ではなく、心からの笑顔を身に付けよう

今回ご紹介した母性本能をくすぐる男性の特徴は、必ずしも「このように振るまえば確実に女性の母性本能をくすぐることができる」というものでありません。

何事もやり過ぎると、むしろ相手に嫌がられてしまう可能性があります。

飾らない笑顔は誰が相手でも関係を明るく、豊かにしてくれるものですし、自分の気持ちに素直になることで相手の心もきっと開きやすくなります。

無理せず、自然体で、好きな女性に向き合ってみましょう。

-モテるテクニック

© 2021 恋愛ファクターズ Powered by AFFINGER5