ファッション・身だしなみ

20代の化粧は30代では通用しない?飾らない美しさを引き出す大人メイクとは?

30代 20代 化粧 違い

20代のナチュラルメイクを30代になっても続けていいものか、悩んでいませんか?

実は似合うメイクは年齢によっても変わるのです。例え同じメイクをしても20代と、30代ではイメージが異なります。

今回はナチュラルな魅力を引き出す、30代・20代の化粧の違いをまとめてみました。

「飾らない大人のナチュラルメイクの秘訣を知りたい!」という人も必見です。

20代のメイクの仕方を続けてもいいのか迷っている時は、ぜひチェックしてみてくださいね。

30代と20代のナチュラルメイクはココが違う!

自分の肌に合うコスメを選んでメイクをしているのに、20代と30代で印象が異なるのはどうしてでしょうか?

その理由は30代の肌の変化と、メイクの仕方の違いにあります。

20代と、30代それぞれのナチュラルメイクを比べて見ていきましょう。

20代のナチュラルメイクのキーワードは「シンプルな化粧」

20代のナチュラルメイクのキーワードは、顔全体にほんのりと色を加える「シンプルな化粧」がポイント。

  • 素肌の透明感をいかした薄づきのファンデーション
  • 色の薄いリップメイク
  • 自然な陰影をつけるブラウン系のアイシャドウ

など、メイクの雰囲気をシンプルにまとめると素肌の透明感を活かして、飾らない美しいメイクができあがります。

一方でカバー力の高いコンシーラーや、毛穴を目立たなくする化粧下地を広範囲に使うと厚化粧に見えてしまうので要注意です。

20代は素肌に近いシンプルなメイクで、飾らない美しさを出すと良いでしょう。

30代の飾らないメイクのポイントは「肌トラブル」と「明るさ」

30代はシミ・シワ・たるみなど、複数の肌トラブルで悩み始める難しい年代です。

20代のナチュラルメイクは「シンプルな化粧」がポイントでしたが、色の薄いシンプルな化粧は肌トラブルをカバーしきれず、実年齢よりも老け顔に見えてしまいます。

そのため30代のナチュラルメイクは肌トラブルをカバーしつつ、顔全体が明るい雰囲気に見えることが大切です。

ちなみに30代に入ると、このような肌の変化を感じやすくなります。

  • 目の周りのハリが減り、影ができる
  • 目の下のクマ・たるみが目立つ
  • 頬・あご周りがカサつき、粉っぽくなる
  • 肌全体にくすみが目立つ

年齢による肌の変化を上手にカバーしながら、薄づきに明るく仕上げるのが大人の化粧のコツ。

30代の肌の悩みに合わせた大人っぽく飾らないメイク、20代のナチュラルで色の薄いメイクと、それぞれの年代で化粧の仕方を変えた方が自分に似合うメイクを楽しめますよ。

30代の飾らない大人メイクを作るコツ

年齢に合わせたメイクの仕方があるとわかっていても、慣れ親しんだ20代のナチュラルメイクを急にガラっと変えるのは大変ですよね。

実際に、30代の自然で美しいメイクを作る簡単なコツをまとめてみました。

乾燥・シミ・シワなど肌トラブルはしっかりとカバー

30代の肌トラブルをファンデーションだけで隠そうとすると、化粧の厚塗り感が出てしまいます。

乾燥・シミ・シワを自然にカバーするには、化粧下地とコンシーラーをメイクに加えるのがおすすめです。

化粧下地はファンデーションと肌の密着力を高めて、化粧のノリをアップさせてくれます。

特に保湿系の化粧下地は、乾燥が気になるアラサーの肌にぴったりのアイテムですよ。

一方コンシーラーはファンデーションよりもカバー力が高く、シミ・クマ・目元の影など濃い色ムラをピンポイントで目立たなくしてくれます。

血色感をプラスして元気のある印象に

30代は20代よりも、肌の新陳代謝が衰えくすみやすくなります。

せっかく肌トラブルをカバーしても血色のないくすんだ顔では、疲れてやつれた印象に見られてしまうでしょう。

自然な血色感をプラスしたい時は、肌の内側から蒸気するような頬に見せてくれるチークや、リップペンシルを使ってみると良いですよ。

チークはくすみ肌を明るく、リップペンシルは口角がはっきりとした唇に見せてくれるので、元気でハツラツとしたメイクに仕上がります。

30代の大人ナチュラルメイクは肌トラブルをカバーしやすい化粧下地・コンシーラーを取り入れてみたり、くすみやすい肌に血色感をプラスするのがコツ。

20代とは違う化粧の仕方で、飾らない大人のナチュラルメイクを楽しんでみてはいかがでしょうか。

まとめ

30代の自然な大人メイクを意識すると、20代の化粧の仕方を続けて良いのか悩むアラサー女子も少なくありません。年齢を重ねると目立ってくる肌トラブルも気になりますよね。

20代のナチュラルメイクは色自体が薄い化粧が主流ですが、30代に入ると色素の薄いメイクは疲れて見えたり、実年齢よりも老けた印象に見られてしまうことも。

30代の飾らない大人のメイクは色の薄さではなく、肌トラブルを目立たなくカバーして元気な印象に仕上げるのがコツですよ。

年齢にフィットした飾らないメイクは、明るくイキイキと魅力的に表情を見せてくれます。

-ファッション・身だしなみ

© 2021 恋愛ファクターズ Powered by AFFINGER5